シェアオフィス6F
貸会議室6F

皆さんお久しぶりです。7Fスタッフのかえでです。
実は、大学の春休みに7Fスタッフのお休みをもらって、1カ月間オーストラリアのカフェでインターンシップをしてきました!

今回は、大学生の海外インターンシップの選び方や生活について書こうと思います。

Opera house

 

どのように大学生の海外インターンシップに申し込んだのか

私はインターネットから探した留学斡旋会社に依頼して、ステイ先とインターン先を手配してもらいました。

全て自分で手配することも不可能ではないと思いますが、留学斡旋会社の利用をおすすめします。

 

留学斡旋会社を利用すべき理由

・英語の面倒な手続きを代行・手伝ってもらえる

・信用性のあるステイ先やインターン先を手配してもらえる

・もしステイ先やインターン先が合わなくてもすぐに変更してもらえる

・現地で何か困ったときにサポートしてもらえる

手数料は取られてしまいますが、トラブルの起きる可能性やもし起きた場合のサポートをしてもらえるため、それなりの価値はあると思います。

 

留学斡旋会社を選ぶポイント

インターネットで検索すると、大手から個人まで様々な会社が出てきます。その中からどの会社を選ぶかのポイント。

 

・自分のやりたいことのできるインターン先を手配できるか

どの会社も選べる国は大体同じですが、それぞれで提携先の数や特化している職種が違うので、自分の希望する国でやりたい職種を手配できるのかをホームページで比較したり、資料請求をしてよく調べて選ぶことをおすすめします。

 

・信頼ができそうな会社か

基本的に大手の会社は信用できると思いますが、個人の場合だとメールの返信や手続きが遅かったり、現地でのサポーターがいないということもあります。どのような会社がいいかを選ぶには、直接詳しい話を聞いたり、担当者の雰囲気で見極めるのが1番の方法だと思います。

 

私の場合はちょっと特例で、出発予定1カ月前でも手配してもらえるというのが決め手でした。大体の会社では出発予定の2,3カ月前に申し込みをしなければ間に合わないと言われてしまいますが、私の選んだ会社は個人でやっていたので迅速に対応できるとのことでした。もう一つ迷った会社がありましたが、カウンセリングの女性の雰囲気がとても良かったのでその会社にしました。

 

大手と個人、どちらの方がいいとは一概には言えませんね。

 

仕事

2週間ずつイタリアンレストランとカフェで働いていました。
実は、インターンを決める時、貿易・マーケティング系かカフェ系で迷っていました。親としては将来役に立つ貿易系をやってほしいのかと思っていましたが、母に相談したところ「自分の今やりたい事をやればいいんじゃない?」という一言をもらい、カフェ系で働く事に決めました。

イタリアンレストランでは、私以外全員イタリア人で、みんなにイタリア語やイタリアでオススメの場所を教えてもらいました!(オーストラリアからの帰国後に旅行でイタリアに行く予定があったので)
イタリア人はみんな気さくでとても話しやすく、日本人が自分一人であっても居心地悪く感じることがなかったです。

coworker
一番仲の良かった同僚

 

イタリアンレストランの仕事は午前だけだったので、午後はコーヒースクールに通っていました。以前にアルバイトをしていたスターバックスのエスプレッソマシーンは全自動だったので、手動のエスプレッソマシーンの使い方やラテアートの作り方を教わることができました。

coffee schoollatte art

 

次の職場のカフェでは、今までのインターン生はキッチンしか担当させてもらえなかったというのに、私はある程度の英語力があると認めてもらえて最初から接客を任せてもらえました!スクールは1週間だったので、カフェでは実際にエスプレッソマシーンの経験を積むことができました!
work placeespresso machine
 

 

ステイ先

ホームステイかルームシェアかの選択でしたが、私はルームシェアを選びました。
他の国からの人と友達になれるし、ホームステイよりも自分のペースで生活できるからです。

 

最初は、ポーランド人2人,ブラジル人1人,イタリア人3人がいましたが、イタリア人3人が引っ越してその後にブラジル人4人,日本人1人が入ってきました。

 

1フロアに1部屋2人が5部屋で、シャワールーム3つとリビング・キッチンをシェアしていました。
my room

私はこの部屋を一人で使っていました

 

20150409-6

同じシャワールームが3つあります

 

my flat

大きい冷蔵庫が2つ!お掃除はみんなで!

 

普段は各自で食事を用意しますが、シェフをしているイタリアンが時々私にも料理をつくってくれました!

Italians

この日はペペロンチーノを作ってくれた!

OKONOMIYAKI

私が皆にお好み焼きを作りました!

 

生活

どちらの仕事も早朝から正午までだったので、それ以外はお出かけしていました。平日は色んな所へお散歩しに行って、カフェをめぐって、夕方には帰宅して夕飯をつくって、ルームメイトとおしゃべりして…という感じで、週末は観光やビーチへ行ったり引っ越したイタリア人の家に遊びに行ったり、、毎日楽しんでいました!!

 

 

【インターンに行ってみて】

最初は英語で働くことを心配していましたが、意外と何とかなります!日本で外国人のお客さんが来ても対応できる自信がつきました。

そして、オーストラリアの独自のカフェ文化を学んだり、様々な国の友達を作ったりと、とても充実した1カ月を過ごすことができました!

 

この1カ月間日本とは全く違う環境で過ごし、いろんなことを考えたり学んだりしましたが、まとめて言い表すと…
積極的に!自分で行動する事! が大切だなあと思いました。

もし自分から「コーヒーを学びたいんだ!」とカフェのオーナーにアプローチをしなければエスプレッソマシーンを触らさせてもらえることはなかっただろうし、もし自分から積極的にルームメイトに話しかけなければこんなにも仲良くなることも無かったと思います。

 

何事も恐れずに自分から動く事で人生は変わる!!

 

20150409-4

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

現在大学3年生で経営学部に所属しています。コーヒーが好きなのでよくカフェめぐりをしています。また、海外に行くことが好きで、大学に入ってからは年に3カ国ほど訪れています。将来は明確には決まっていませんが、昔から国際的に働きたいと思っていました。7Fの利用者さんは様々なお仕事をしている人がいると思うので、いろいろな業界について教えていただけたら嬉しいです!7Fでは、利用者さんに快適に過ごしていただけるように努めますので、宜しくお願いします!!



メールマガジン登録

週1回程度でメールマガジンにて、コワーキングスペース7Fのイベントや勉強会情報や近況、Web関係や地域情報などを配信しています。
もし良ければ以下のフォームにメールアドレスを入力して登録してくださいね!

7F情報をぜひフォローください!


スポンサーリンク

月額会員募集中の申し込みフォーム
イベント情報
会議室ご予約
オープンスペースご予約
無料見学ご予約
お問い合わせ
メールマガジン登録フォーム
フロアマップ
よくある質問
Amazonコワーキングスペース7Fのほしい物リスト
一時託児施設利用
7F大学
リブライズ
Eightどこでもスキャン計画
7Fスタッフ募集のお知らせ
シェアオフィス6F
貸会議室6F

混雑状況やイベント情報

サイト内検索