シェアオフィス6F
貸会議室6F

こんにちは!7Fスタッフのゆうなです。

スタッフの仲間入りをしてから約4カ月が経ちましたが、ついにブログデビューです!ドキドキ・・・

初めての投稿となる今回の記事のテーマは、大宮駅東口にオープンしたカプセルホテル「eeGee STAY」さんについて!実際に見て感じたことなども含めて、できるだけ詳しくお伝えしていこうと思います!
 

こちらの取材の大宮経済新聞の記事はこちらです。
大宮駅東口にカプセルホテル 女性専用フロアにツリーハウスのようなキャビン

 

eeGee STAYとは?

 
まずは「eeGee STAY」さんを運営する会社の概要から。
 
このホテルを運営しているのは「浜友グループ」さんで、静岡県浜松市に本社を構え、不動産・飲食・アミューズメントなど、幅広く事業を展開している企業です。身近なところですと、大宮一番街にある「大宮ラクーンよしもと劇場」も入る複合商業施設「RAKUUN」を運営しているのもこちらの浜友グループさんです!
 
今回の「eeGee STAY」のオープンは、ホテル経営の事業としては初めてだそう。近く、都内にもカプセルホテルを新設予定のようです。
 

気になるホテルの基本情報!値段、設備などなど・・・

 
オープンしたのは2019年5月10日。大宮東口の商店街、大宮一番街にあります。東口から徒歩3分という好立地!さらに商店街の中に入口があるので、雨の日キャリーケースを持って・・・なんて時でも傘要らずで利用しやすいですね!
 

キャビンや施設について

 
そんなホテルに入って一番先に私が感動したこと・・・それは入口にヤマザキショップが併設されていること!
 
しかもその商品の豊富さにも驚かされました。両脇の棚にずらっと並んだカップ麺やスープ、みそ汁、お菓子、アイス・・・ちょっと何か食べたいな、と思ったら即!買いに行けます!
 
もちろんイートインスペースには電気ポットと電子レンジも数台用意されているので、買ってすぐ食べられますよ!(私は食料品の多さに感動していましたが、それだけでなく急なお泊りに必要なものもそろっています。スキンケアセットも!)ちなみにこちらのヤマザキショップはホテルにご宿泊の方以外でも利用することができます。
 
ヤマザキショップ
 
ヤマザキショップ
 
ひとしきりヤマザキショップの商品たちを眺め終わり、キャビンへと進むと・・・その部屋数はなんと300超え!女性用、男性用のキャビンがそれぞれほぼ同数ずつ用意されています。鏡、デスクライト、金庫が備わっています。
 
部屋の様子
 
さらにさらに、このキャビンの広さにも驚きですよ!一般的なカプセルホテルのユニットと比べて、容積は2倍以上!!身長159㎝の私が立膝をしても頭が天井につかないくらいでした。
 
圧迫感が少なく、落ち着いて過ごせる広さに設定されています。各キャビンにはインターネットにつながる大型テレビが設置されているので、YouTubeでお気に入りの動画を見ながらゆったりのんびり・・・なんてこともできちゃいます!
 
室内の大きなテレビ
 
また、キャビンの広さのタイプは2種類あって、ただでさえ大きい通常のキャビンのさらに1.5倍の広さの「デラックスツリーキャビン」というキャビンも用意されています。こちらに関してはもう、あと一人横で寝れるよね?というくらい広いです。(2人で泊まることはできないですが・・・)
 
加えて、あると嬉しいサービスも!目的に合わせて枕が選べるのです。肩のこりやすい方、横向き寝の多い方向けなど、全部で4種類の枕が用意されています。「〇〇な方向け」という説明付きだと、選びやすいですよね。ちなみに、スタンダードの枕ももちろん各キャビンに用意されているので、興味のある方は枕を変えてさらに寝心地を追求してみてください!
 
選べる枕
 

設備について

 
次に設備についてのご紹介です。
 
キャビンは1階が女性用、2階が男性用フロアになっていて、カードキーを使用したセキュリティ対策がとられています。それぞれのフロアにはシャワールーム16室ずつ、コインランドリー、喫煙スペースが設けられています。
 
シャワールーム内にはドライヤーや、くし等のアメニティがそろっています。(タオルや部屋着は各キャビンに準備されていますよ!)さらにヘアアイロンの貸出も行っているそうです。これはアイロンを日常的に使う方にはかなり嬉しいのではないでしょうか!ヘアアイロン、持ち運び大変ですよね・・・。
 
シャンプー、コンディショナー、ボディソープは男女共通の内容のご用意です。
シャワールーム
 
女性用のシャワールーム内の様子。ずらっと並んだ洗面台にアメニティも充実!
洗面台
 
コインランドリーにはズボンプレッサー、アイロンが用意されています。ホテルから直でお仕事へ向かう時でもばっちりです!
コインランドリー内の様子
 
コインランドリー横にはちょっとした談話室も。
コインランドリー横の談話室
 

宿泊費用について

 
そして最後には宿泊のお値段について!
 
通常の広さのキャビンは3,500円~、デラックスタイプは4,500円~です。今のところ、平日はこの基準の価格で宿泊できることが多いようです。
 
ここでお得な情報です!!
 
オープンしてから1カ月間、2019年6月9日までは、全てのタイプのキャビンが一律3,500円で宿泊できるそうです!つまり、平日でも休日でも、通常タイプもデラックスタイプも、同じ値段で宿泊できちゃうんです!飲み会帰りの方、コンサート参加のためのホテルを探している方、このホテル気になるな、なんて方々もぜひ、この機会を利用するのがおすすめです!
 

企業の方の想い

 
ここまで「eeGee STAY」についての基本的な情報を書き連ねてきましたが、企業の方のお話もしっかり聞いてきましたので!このホテルに込められた想いや工夫をご紹介します。
 
実はこのカプセルホテル、従来のホテルではよく見られる「ユニットを他で購入し建物に運び入れ設置する」タイプではなく、最初から建物内に作り付けられているユニットの形式を採用しているんです。
 
ツリーハウスをイメージした、木のぬくもりを感じられるユニットやフロアのデザインは自社で考えたもので、ジブリの世界観からヒントを得たそう。限られたスペースでもできる限り広くとり、自分だけのスペースで好きなことができる「ひみつ基地」や「かくれ家」の雰囲気を目指しているそうです。
 
室内の様子
 
大きな荷物はここへ!ツリーハウスの雰囲気が漂います
荷物置き場
 
私が実際にキャビンに入ってみると、木の壁紙や、小さいけれど余裕のある室内と暖かみのあるライトがツリーハウスを連想させ、ほっとする気持ちと、この一人の空間で何をしようかな、とドキドキした気持ちの両方を味わうことができました。
 
小さい頃から狭い空間が大好きだった私は、久々に昔のワクワク感を味わった気がします。まさに大人版のかくれ家に来たような気分でした!
 
実際に部屋に入った際のイメージ
 
また設備やセキュリティ体制を整え、清潔感のあるおしゃれな外観や内装も工夫したそう。今まではちょっと女性には敷居の高かったカプセルホテルのイメージを変えようと、女性も気軽に利用しやすい環境づくりに力を入れているようです。今後は外国人向けの対応も強化していくそうで、幅広い客層をターゲットに見据えています。
 
商店街の中ではひときわ目を引く木を多くあしらったおしゃれな外観からは、誰でも入りやすい雰囲気が感じられます。
 
eeGee STAY外観
 
以上、新オープンeeGee STAYさんへの取材の編集後記でした。ここまで読んでくださりありがとうございます!
 
埼玉の方も遠方からいらっしゃる方もぜひ!大宮の宿泊ホテル候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?
 

「eeGee STAY」さんのサイトはこちらから!
eeGee STAY イージーステイ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人



メールマガジン登録

週1回程度でメールマガジンにて、コワーキングスペース7Fのイベントや勉強会情報や近況、Web関係や地域情報などを配信しています。
もし良ければ以下のフォームにメールアドレスを入力して登録してくださいね!

7F情報をぜひフォローください!


スポンサーリンク

月額会員募集中の申し込みフォーム
イベント情報
会議室ご予約
オープンスペースご予約
無料見学ご予約
お問い合わせ
メールマガジン登録フォーム
フロアマップ
よくある質問
Amazonコワーキングスペース7Fのほしい物リスト
一時託児施設利用
リブライズ
Eightどこでもスキャン計画
シェアオフィス6F
貸会議室6F
7Fスタッフ募集のお知らせ

混雑状況やイベント情報

7Fの過去記事一覧

サイト内検索