シェアオフィス6F
貸会議室6F

こんにちは!
コワーキングスペース7Fスタッフのユリです。
今回は、美しい文字を書くコツを伝授したいと思います。
 
普段はスマホやパソコンばかりで手書きする機会は少ないと思いますが、
最近は手書きが見直されつつあるようです。
ペン字練習帳や美文字練習帳も話題になりましたね。私の母も購入していました。
手書きの魅力は、デジタルに比べて書き手の人柄や感情が伝わることや、受け手が嬉しいことにあります。
また、文字を書くと脳が活性化したり記憶力が向上する効果もあるようです(^^)
 
手紙やはがきの宛名、署名など、いざという時にきれいな文字が書けたらカッコいいですよね!
美しい文字を書いて、損することはありません。
タイトルにある「美文字」とは、
相手にとって読みやすく好感を持ってもらえれる文字のことだそうです。

つまり、ほんの少し意識して綺麗な文字が書ければ、だれでも美文字に近づくことができます^^
では、そのポイントを見ていきましょう。
 

1.縦の軸を意識する

縦の軸がふらふらしていると文字がばらついてだらしなくなります。
漢字の縦線はまっすぐ引く、
ひらがなは中心にラインがあると思って、左右のバランスを意識しましょう。
文字に締まりがでて、スッキリします!
 

2.基本的に横線は右上がり

縦線は基本まっすぐ引きますが、横線は「少し右上がり」が基本です。
ほんの少しだけ右上がりを意識するだけで、なんだか格好良くなるのです。
 

3.「とめ」と「はね」はしっかり

「とめ、はね、はらい」とありますが、急いで文字を書くときに疎かになるのは「とめ」と「はね」です。
本来はとめるところ、はねるところをはらってしまう人多くないですか。
だからこそ、「とめ」と「はね」をしっかり書くと好感の持たれる文字に近付きますよ^^
 
それでは、私が実践します!
【before】
before
【after】
after
 
ようこ店長もトライ!!
【before】
before
【after】
after

ご覧ください!この変化を。
 
普段のようこ店長の字のほうが好きだよ~~という方も多いでしょうが、
今回はすみません。after(意識後)の方が読みやすく、美しい文字になりましたね!
3つのポイントの効果が表れています^^

手書きの機会は減っていますが、自分の氏名や住所などがキレイに書けたら印象が良いですね。
今回のポイントは基本中の基本ですが、少しの意識で文字は確実に変わります。
良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

2015年10月から7Fスタッフをしております、政治経済学部の3年生です。よく見た目は図書委員みたいと言われますが、趣味はバリバリ硬式テニスです。アクティブなことと映画鑑賞、グルメも好きです!中国に興味があり、昨年は1カ月北京へ留学しました。将来の方向性はまだ決まっていないので、それまで様々な経験をして沢山学びたいと思います。7Fで気軽に話しかけてください!よろしくお願いいたします。



メールマガジン登録

週1回程度でメールマガジンにて、コワーキングスペース7Fのイベントや勉強会情報や近況、Web関係や地域情報などを配信しています。
もし良ければ以下のフォームにメールアドレスを入力して登録してくださいね!

7F情報をぜひフォローください!


スポンサーリンク

月額会員募集中の申し込みフォーム
イベント情報
会議室ご予約
オープンスペースご予約
無料見学ご予約
お問い合わせ
メールマガジン登録フォーム
フロアマップ
よくある質問
Amazonコワーキングスペース7Fのほしい物リスト
一時託児施設利用
7F大学
リブライズ
Eightどこでもスキャン計画
7Fスタッフ募集のお知らせ
シェアオフィス6F
貸会議室6F

混雑状況やイベント情報

サイト内検索