シェアオフィス6F
貸会議室6F

こんにちは!スタッフのまみです。前回までは、二回に分けてイギリスでの留学の様子を書いてきました。

その記事はこちら

【イギリス留学準備編】ハリーポッターの世界で勉強したい!イギリスの大学で1年間学部留学

【イギリス留学生活編】イギリス人は勉強も遊びも全力!

 

今回は、留学中にたくさん旅行に行った中でも特に思い出深かった「エジプト縦断旅」について書こうと思います。

エジプトへは海外でできた友達たちと行き、たくさんの場所を訪れました。

ピラミッドだけではないエジプトの魅力をご紹介します!

 

人生初の寝台列車とクルーズ泊

ギリシャのアテネからエジプトの首都カイロの空港に最初に降り立ち、そこから寝台列車でエジプト国内をひたすら南下してエジプト南部に位置するアスワンという街を目指します。

スタート地点の駅は地元の人で賑わっており、見渡す限り外国人はいませんでした。観光客はツアー参加がほとんどらしく、地元の駅に外国人、ましてやアジア人の若い女子がいるということで、もの珍しげに見られ列車が来るまで警察官が周りを警備してくれました。あまりのVIP対応に驚きました。

まさかエジプトの地で人生初の寝台列車に乗るとは考えてもみなかったのですが、想像の倍以上綺麗で快適で、とってもリラックスできました。エジプトの物価は安いので、寝台列車を使う際はぜひケチらず一等車を選んでください!車掌さんたちもとっても優しかったです。

スタート地点の駅の様子

 

アスワンからは、5日間かけて南から徐々にアスワン・ルクソール・カイロと北へのぼっていく船旅です。エジプトの南部は世界史の教科書に載っているような古代遺跡が多く集まっていて、世界中から観光客が訪れます。周辺の町や村はゆったりとしていて、のどかな田舎風景に癒されました。

毎日新しい町や村に立ち寄り、遺跡や博物館を巡りました。

 

フィラエ神殿

フィラエ神殿。イシス女神やエジプトの神話について学びました

 

ナイル川の朝日

船から見たナイル川に浮かぶ朝日。とても感動的でした

 

気温35度の中ヘロヘロになりながらも、紀元前何千年前に造られた遺跡たちに毎日ドキドキしながらすごした贅沢な日々でした。エジプトの治安は心配されやすいですが、私が訪れたこの3都市はピンポイントで警戒レベル1で全く問題なしでした。

また、クルーズ旅なんていくらかかるのだろう…と心配でしたが、こちらもエジプト価格のため破格でした!

川に浮かぶ朝日や夕焼けを毎日ながめ、移動中は甲板で日光浴をしながら読書…。とってもお得にセレブ気分を味わえちゃいました。

 

エネルギー満載のエジプトの首都、カイロ

ナイル川の縦断旅の後は、首都カイロで1週間ほど過ごしました。川沿いの村のゆったりとした雰囲気とは反対の、カオスでエネルギッシュでとっても勢いのある雰囲気でした。

街全体の空気は砂ホコリで汚れていますが、これも発展中の証拠ですね。カイロでは、部屋の窓はしっかり閉めましょう。

カイロの街

カイロの街を一望

 

カイロでは初めてモスクに行きました。モスクとは、イスラム教徒が礼拝を行うところです。

カイロで有名なムハンマド・アリ・モスクという大きなモスクに行き、その荘厳さに圧倒されました。歴史を感じさせる外観のドームの中には、天井に豪華な装飾がなされ、無数のライトが飾られています。礼拝をする人々が訪れ荘厳なムードの中で、美しい装飾品に囲まれ、時が立つのがあっという間に感じました。

モスクの様子

幻想的な雰囲気にみんなうっとりと眺めていました

 

モスクの様子

モスク内は裸足で移動します

 

モスクでは靴を脱ぎ、靴を置くときは地面に汚いところは触れないように底を上むきにするのがルールです。女性は露出のない服を着ることも絶対です。

協会やお寺や神社に通じる静けさと厳かなものがあり、とっても心が安らぎました。

知られていない、リゾートなエジプト

ローカルの友達に連れられてカイロから車で3時間、エジプト最北端の地アレクサンドリアまで足を伸ばしました!

アレクサンドリアはエジプト北部に位置するエジプト第二の都市で、トルコやヨーロッパから近く、また独自の歴史的背景から、独特かつ解放的な文化が根付いています。エジプトと聞くと思い浮かべるのはピラミッドや砂漠、古代遺跡などですが、このアレクサンドリアは綺麗な地中海が見渡せるリゾート地として人気です。

真っ青な海と、豊かな芸術と、おいしいシーフード料理が食べられるとっても素敵な街でした!

 

美しい地中海

あたり一面真美しい地中海が広がります

 

ビーチの他に訪れたのは、世界最古の図書館とされるアレクサンドリア図書館です。

類をみない豊富な蔵書と建築的価値の高さを一目見ようと、多くの観光客がいました。立派でキレイすぎて、逆に集中できないだろうな~と思いながらも、その存在感に圧倒されました。

図書館内にはいくつかの博物館やエキシビションが併設されているので、結構時間をかけて楽しめると思います。

アレクサンドリア図書館

勉強している学生さんもたくさんいました

 

少し行きにくい街にはなりますが、エジプトを訪れた際にはせっかくなので文字通り上から下まで満喫していただきたいです!

 

おわりに

今回のこの縦断旅を通して、私はエジプトが大好きになりました!

再開発が進み、どんどん外資産業が介入している新市街と、古き良き昔ながらの旧市街がカオスに混じりあう中で、10年後20年後はどんな国になるのだろうととてもワクワクしています。

経済的にも文化的にも二極化していく環境で、”エジプト人”の誇りを持ちつづけながらも人もまた変わっていくのだろうなぁと、エジプト人に囲まれたローカルライフで感じました。

そんな中で、人と国の醸し出す元気いっぱいの雰囲気に魅了され、あれ、案外住めるかも?できれば住みたいかも?ここで暮らしたら楽しいことがりあそう!と、新たな野望ができたのが個人的には一番の収穫です(笑)

壮大なスケールで私の世界を広げてくれた、忘れられない思い出の旅になりました!

興味を持たれた方は、ぜひ行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

大学4年生の井桁万実です。幼い頃から外国とファンタジー世界へ憧れを持ち、大学では英文学を専攻しています。「日々の小さな幸せを感じる」ことをポリシーに、普段は様々な趣味に勤しんでおります。民族的・伝統的な事やお話が大好きで、現在はフラダンスや三味線、太極拳を趣味としています。7Fでたくさんのことを学び、成長していけたら良いと思っております!どうぞよろしくお願い致します。



メールマガジン登録

週1回程度でメールマガジンにて、コワーキングスペース7Fのイベントや勉強会情報や近況、Web関係や地域情報などを配信しています。
もし良ければ以下のフォームにメールアドレスを入力して登録してくださいね!

7F情報をぜひフォローください!


スポンサーリンク

月額会員募集中の申し込みフォーム
イベント情報
会議室ご予約
オープンスペースご予約
無料見学ご予約
お問い合わせ
メールマガジン登録フォーム
フロアマップ
よくある質問
Amazonコワーキングスペース7Fのほしい物リスト
一時託児施設利用
リブライズ
Eightどこでもスキャン計画
シェアオフィス6F
貸会議室6F
7Fスタッフ募集のお知らせ

混雑状況やイベント情報

7Fの過去記事一覧

サイト内検索