シェアオフィス6F
貸会議室6F

こんにちは。コワーキングスペース7Fの星野邦敏です。

WordPressのバージョン4.2からMySQLの文字コードがutf8からutf8mb4に変わり、今のWordPressの仕様では、管理画面からバージョンアップも気軽に出来る中で、WordPressのデータベースの対応の文字コードが変わることで、仕様が少し変わったことに気が付かなかった人もいるかもしれません。

その中で、UTF8で4バイトになる漢字である第四水準漢字が使えるようになったり、絵文字にも対応されるようになりました。日本語のサイトにはあまり関係なさそうですが、この文字コードの変更によって象形文字などにも対応されたということになるようです。

参考URL
Emoji « WordPress Codex
WordPress › 日本語 « WordPress 4.2 “Powell”
WordPress 4.2 の拡張文字サポート | ja.naoko.cc

日本のいわゆるガラケー時代の絵文字文化が記憶にある人からしますと、今のタイミングでの絵文字対応に違和感があるかもしれませんが、これはプログラム実装の問題ではなくて、データの格納テーブルの文字コードの問題だと思います。

この結果、WordPressのバージョン4.2から絵文字対応のスクリプトが入り、ソースコードにも、例えば以下のようなソースコードがmetaの中に追加されるようになりました。

<script type="text/javascript">
			window._wpemojiSettings = {"baseUrl":"http:\/\/s.w.org\/images\/core\/emoji\/72x72\/","ext":".png","source":{"concatemoji":"http:\/\/(ここに自分のWebサイトのURL)\/wp-includes\/js\/wp-emoji-release.min.js?ver=4.2.2"}};
			!function(a,b,c){function d(a){var c=b.createElement("canvas"),d=c.getContext&&c.getContext("2d");return d&&d.fillText?(d.textBaseline="top",d.font="600 32px Arial","flag"===a?(d.fillText(String.fromCharCode(55356,56812,55356,56807),0,0),c.toDataURL().length>3e3):(d.fillText(String.fromCharCode(55357,56835),0,0),0!==d.getImageData(16,16,1,1).data[0])):!1}function e(a){var c=b.createElement("script");c.src=a,c.type="text/javascript",b.getElementsByTagName("head")[0].appendChild(c)}var f,g;c.supports={simple:d("simple"),flag:d("flag")},c.DOMReady=!1,c.readyCallback=function(){c.DOMReady=!0},c.supports.simple&&c.supports.flag||(g=function(){c.readyCallback()},b.addEventListener?(b.addEventListener("DOMContentLoaded",g,!1),a.addEventListener("load",g,!1)):(a.attachEvent("onload",g),b.attachEvent("onreadystatechange",function(){"complete"===b.readyState&&c.readyCallback()})),f=c.source||{},f.concatemoji?e(f.concatemoji):f.wpemoji&&f.twemoji&&(e(f.twemoji),e(f.wpemoji)))}(window,document,window._wpemojiSettings);
		</script>
		<style type="text/css">
img.wp-smiley,
img.emoji {
	display: inline !important;
	border: none !important;
	box-shadow: none !important;
	height: 1em !important;
	width: 1em !important;
	margin: 0 .07em !important;
	vertical-align: -0.1em !important;
	background: none !important;
	padding: 0 !important;
}
</style>

ソースコードをチェックしていた時に、見覚えのないソースコードだったので、「あれか、今、流行りの改ざんか!」と一瞬ドキッとしたのですが、上記のソースコードが絵文字対応のソースコードとなります。

しかしながら、今まで運営していたWebサイトやブログによっては、そもそも絵文字を使わない、また、不必要なスクリプトが入ることで意図しないソースコードが表示されるのはちょっと、という人もいるかもしれません。

この時、WordPressのバージョン4.2から追加された絵文字対応のスクリプトを無効化してソースコードからも非表示にしたいという需要もあるようで、さっそく、このスクリプトを無効化するプラグインも公開されているようです。
WordPress › Disable Emojis « WordPress Plugins

ソースコードを見ると、とてもシンプルなプラグインで、テーマのfunctions.phpファイルに以下のソースコードを書いても同じ効果があると思います。

function disable_emojis() {
	remove_action( 'wp_head', 'print_emoji_detection_script', 7 );
	remove_action( 'admin_print_scripts', 'print_emoji_detection_script' );
	remove_action( 'wp_print_styles', 'print_emoji_styles' );
	remove_action( 'admin_print_styles', 'print_emoji_styles' );	
	remove_filter( 'the_content_feed', 'wp_staticize_emoji' );
	remove_filter( 'comment_text_rss', 'wp_staticize_emoji' );	
	remove_filter( 'wp_mail', 'wp_staticize_emoji_for_email' );
}
add_action( 'init', 'disable_emojis' );

WordPressのコアファイルに同梱されたスクリプトを無効化することで、将来的には何かしらあるかもしれませんし、有効化・無効化が切り替えやすいように「Disable Emojis」プラグインで対応しても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

コワーキングスペース7Fの運営代表者です。7Fの運営会社である株式会社コミュニティコムの代表取締役でもあります。2012年12月1日に7Fがオープンしてから2014年4月末まで店長も兼ねていましたので、外出予定が無い日は基本毎日いましたが、現在は山下に店長を任せ、オーナー兼利用者となりました。今はもともとの本業のITの仕事と、コワーキングスペースに絡んだ創業支援や地域おこしの仕事が中心です。下のフロアを増床することになり、シェアオフィス6Fと貸会議室6Fの運営もしています。趣味は自分の思い付いたWebサービスを自分で自由に開発することです。



メールマガジン登録

週1回程度でメールマガジンにて、コワーキングスペース7Fのイベントや勉強会情報や近況、Web関係や地域情報などを配信しています。
もし良ければ以下のフォームにメールアドレスを入力して登録してくださいね!

7F情報をぜひフォローください!


スポンサーリンク

月額会員募集中の申し込みフォーム
イベント情報
会議室ご予約
オープンスペースご予約
無料見学ご予約
お問い合わせ
メールマガジン登録フォーム
フロアマップ
よくある質問
Amazonコワーキングスペース7Fのほしい物リスト
一時託児施設利用
7F大学
リブライズ
Eightどこでもスキャン計画
7Fスタッフ募集のお知らせ
シェアオフィス6F
貸会議室6F

混雑状況やイベント情報

サイト内検索