シェアオフィス6F
貸会議室6F

こんにちは。コワーキングスペース7Fの星野邦敏です。

コワーキングスペース7Fで、月に1回の定期開催で、小学生・中学生向けのプログラミング教室を開催していまして、既に6カ月開催しているのですが、運営も淡々と行えるように体制も整ってきましたので、広く周知を目的としてWebサイトを作りました。
小学生・中学生向けプログラミング教室「CoderDojoさいたま」

小学生・中学生向けプログラミング教室「CoderDojoさいたま」

今まではFacebookイベントで参加者を募集していたのですが、これではそもそもFacebookをやっていないと知る手段が無いですし、子どもでも自分でインターネットで探して行動する積極的な子もいる中で、現状では意識の高い親が子どもを連れてくるケースが主となっている、など、半年運営して、そういった課題も感じました。

そこで、小学生・中学生向けプログラミング教室「CoderDojoさいたま」のWebサイト上でも、参加申込を出来るようにフォームを整えました。

今回はWordPressの確認画面付きお問い合わせフォーム「MW WP Form」プラグインを使って、お問い合わせフォームを作りました。

そこで、このWordPressの確認画面付きお問い合わせフォーム「MW WP Form」プラグインを使って、どの回に参加するか等を1つのお問い合わせフォームで対応できるように、記事ページの投稿タイトルやカスタムフィールドの情報をメールフォームの項目として引き継いで、URL引数を取得する方法をご紹介します。

もちろん毎回のイベント告知ページに都度お問い合わせフォームを付ける、ということも可能かと思いますが、それだと手間が掛かるかなということで、告知ページを作ったら自動的にフォームに飛ぶようにしました。

まずは、WordPressの確認画面付きお問い合わせフォーム「MW WP Form」プラグインをインストールして有効化します。

その後の設定ですが、管理画面のメニューに[MW WP Form]という項目ができますので、そこで[新規追加]でメールフォームを設定していきます。

まずは設定の全てを見てもらうために、小学生・中学生向けプログラミング教室「CoderDojoさいたま」での設定画面の全体のキャプチャを添付します。

小学生・中学生向けプログラミング教室「CoderDojoさいたま」

確認画面付きお問い合わせフォーム「MW WP Form」プラグインの使い方自体は、プラグイン作者の北島さんのWebサイトにマニュアルがあるのでそちらをご覧ください。
MW WP Form の使い方 | モンキーレンチ
MW WP Form – 柔軟なカスタマイズ性が魅力の WordPress 問い合わせフォームプラグイン。

ここでは、確認画面付きお問い合わせフォーム「MW WP Form」プラグインを使って、どの回に参加するか等を1つのお問い合わせフォームで対応できるように、記事ページの投稿タイトルやカスタムフィールドの情報をメールフォームの項目として引き継いで、URL引数を取得する方法について解説します。
コツは、以下の3点です。

(1)[MW WP Form]項目の右下にある「URL引数を有効にする」にチェックを入れる。
キャプチャ画像にもある通りで、
URL引数を有効にする
有効にした場合、MW WP FormはURL引数を取得します。また、URL引数 ”post_id” をもとに投稿を取得します。その投稿($post) のプロパティを使用できるようになります。
例:{ID}、{post_title}、{post_meta}など…
の部分にチェックを入れましょう。
これで、URL引数を取得することができます。
投稿記事タイトルだけでなく、カスタムフィールドに入れた項目なども引き継ぐことができるようです。

(2)メールフォームに遷移する前のページに以下のWordPressテンプレートタグを書く。
WordPressテーマのsingle.phpなど、メールフォームに遷移する前のページに、以下のようなテンプレートタグを書きましょう。
小学生・中学生向けプログラミング教室「CoderDojoさいたま」では、参加申込のページのみに、メールフォームへのリンクが見えるように、カスタム投稿タイプとしてのsingle-info.phpに書いていますが、例えば、カテゴリーの条件分岐としてin_category()などで条件分岐しても良いかなと思います。

<a href="<?php echo home_url( '/' ); ?>sanka/?post_id=<?php echo $post->ID ?>">参加申込をする人は、Facebookイベント、または、この参加申込フォームより申込ください。</a>

(3)メールフォームのvalueに{post_title}などと書く。
キャプチャ画像にある通りなのですが、
例えば、

<tr>
<td>CoderDojoさいたまに参加する回</td>
<td>[mwform_text name="CoderDojoさいたまに参加する回" value="{post_title}"]</td>
</tr>

などと書くと、その項目を前のページより引き継ぐことができます。

北島さんのマニュアルサイトを見ると、
hiddenフィールド(mwform_hidden)
が用意されていますので、どのページからの問い合わせなのか、表側に項目を出さずに送信することも可能です。
その場合には、以下のように書きます。

[mwform_hidden name="CoderDojoさいたまに参加する回hidden" value="{post_title}"]

以上です。

あとは、必須項目を作りたい等の場合は、それぞれの項目を[バリデーション設定を追加する]から追加したり等ができます。

この結果、例えば、
第7回CoderDojoさいたまは、2014年9月6日(土)15時から開催いたします。 | 開催日程 | 小学生・中学生向けプログラミング教室「CoderDojoさいたま」
のページの一番下にある
参加申込をする人は、Facebookイベント、または、この参加申込フォームより申込ください。
というリンクから飛ぶと、ページの情報を引き継ぐことが確認できます。

確認画面付きお問い合わせフォーム「MW WP Form」プラグインを使って、どの回に参加するか等を1つのお問い合わせフォームで対応できるように、記事ページの投稿タイトルやカスタムフィールドの情報をメールフォームに引き継ぐ方法

いやぁ、便利ですね!

合わせて、コワーキングスペース7Fで、月に1回の定期開催をしています、小学生・中学生向けのプログラミング教室「CoderDojoさいたま」もよろしくお願い致します!
小学生・中学生向けプログラミング教室「CoderDojoさいたま」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

コワーキングスペース7Fの運営代表者です。7Fの運営会社である株式会社コミュニティコムの代表取締役でもあります。2012年12月1日に7Fがオープンしてから2014年4月末まで店長も兼ねていましたので、外出予定が無い日は基本毎日いましたが、現在は山下に店長を任せ、オーナー兼利用者となりました。今はもともとの本業のITの仕事と、コワーキングスペースに絡んだ創業支援や地域おこしの仕事が中心です。下のフロアを増床することになり、シェアオフィス6Fと貸会議室6Fの運営もしています。趣味は自分の思い付いたWebサービスを自分で自由に開発することです。



メールマガジン登録

週1回程度でメールマガジンにて、コワーキングスペース7Fのイベントや勉強会情報や近況、Web関係や地域情報などを配信しています。
もし良ければ以下のフォームにメールアドレスを入力して登録してくださいね!

7F情報をぜひフォローください!


スポンサーリンク

月額会員募集中の申し込みフォーム
イベント情報
会議室ご予約
オープンスペースご予約
無料見学ご予約
お問い合わせ
メールマガジン登録フォーム
フロアマップ
よくある質問
Amazonコワーキングスペース7Fのほしい物リスト
一時託児施設利用
7F大学
リブライズ
Eightどこでもスキャン計画
7Fスタッフ募集のお知らせ
シェアオフィス6F
貸会議室6F

混雑状況やイベント情報

サイト内検索